日本語教師にはどんな働き方があるのか?

日本語教師になったらどんな働き方があるのか?

日本語教師になりたい!日本語教師をしているけど稼ぎが増えない…日本語教師にはどんな働き方があるのか?日本語教師でもっと稼ぐにはどうしたら良いのかについて、日本語教師の私が解説します。

日本語教師での働き方戦略

日本語教師には、あらゆる働き方があるんです。通常の職業とは違ったところがあります。

一般的な職業は、常勤「フルタイム」が普通とされていますよね?しかし、日本語教師では1コマなら1コマ短時間だけの勤務というの良くあります。

↓【日本語教師の働き方は以下のような感じです】

・日本語学校または、日本語専門学校などを掛け持ちする働き方

・非常勤から常勤になる働き方

・仲介機関を使わずに、直接契約できるクライアントと働く【仲介機関を手数料を取るので、あなたの収入が減る原因です】

・日本語学校のレッスンと直接契約のレッスンを並行して行っていく働き方。【直接契約のレッスンを少しずつ増やしていくと、より稼ぎが増えやすくなります。】

・日本語教師としての知識や経験が増えたなら、授業以外での働き方をするのもオススメです。↓

例えば、日本語教師の知見や経験をブログに書くこと、YouTubeで発信すること、Noteなどでコンテンツ販売することなどインターネットを使った方法もかなりオススメです。

↓私の書いたこちらの記事が参考になりますよ!

日本語教師が資産を作りながら働く方法

日本語教師で高収入を稼ぐ方法

日本語教師で稼ぐ方法は、先程解説したようにたくさんあるんです。

例えば、常勤として働く場合はある程度のお金を稼ぐことができます。しかし、非常勤の場合は常勤に比べて稼げるお金も少なくなりますね。

なので、非常勤の場合は、他の学校で仕事をしたり、知見をブログに書いたりNoteにコンテンツを作ったりすることで、学校以外での収入も得ることが可能です。

このように、ただ学校でだけ働くという考えを辞め、自分で日本語教師の知見や経験を発信することで、ブログならAdSense広告からの収入、Noteならコンテンツ販売収入などが発生。日本語教師の低い給料を高めることができますよ!

しかも、同じような日本語教師の方の志に希望を与えることもあります。やりがいもあるので、かなり面白く仕事ができるでしょう!

まとめ

日本語教師になりたい!日本語教師だけどもっと収入を増やしたい!という方のために、今回は、他にも幅広い日本語教師での働き方を解説しました!

学校で日本語教師の授業を行う以外に、自分でパソコンに日本語教師の知見や経験を出力することで、それが誰かのためになります。そのおかげで自分には報酬がもらえるという仕組みも出てきました。

ぜひ、新たな手段を使って、稼ぐ手段をふやし、より良い日本語教師になってみてはいかがですか?