東南アジアタイと日本の違いは?ここ数年でかなり発展!?安くて美味しくて楽しい?

東南アジアタイと日本の違いは?安くて美味しくて楽しい?

↑この画像はタイだよ!どうもはじめまして!

今回は日本語教師と、東南アジアと言うことで、日本語教師として活躍しやすい東南アジアですが、東南アジアがどんな国なのかわからない。「どんな街並みなの?」と言う部分を実際にコロナ前に東南アジアを半年くらいバックパッカーしていたので、そこで感じたことをわかりやすくまとめていきますね!

今回は、東南アジアの中でも大人気!タイ料理が美味しく、フレンドリーで優しい人たちが多いタイについてご紹介していきます。

東南アジア?ってどこ?タイとはどんな国?


↑Googleマップで見るとわかりやすいよね!フライト7時間と表示されますが、関空からなら5時間程度、東京からでも6時間程度だと思います!

東南アジアを知らない人にとって「東南アジアってどこにあるの?」ってなると思います。

東南アジアにあるタイは、フライトで日本から約5時間の場所にあって、日本は四季がありますが、タイは乾季、雨季などに分かれており、30度が平均的な南国です。ずっと暖かい気象!

ほぼTシャツでいることができるので、服の荷物がかさばらないのが良い!また、タイは物価が日本の3分の1程度なので、夕食を300円前後で食べれる感覚です。現在は、タイバンコクなど発展してきていますので、バンコクのショッピングセンターで普通に食べると1000円くらいしますかね。

だけど、フードコートなどに行くと300円くらいで食べれたりしますよ!

物価が安いので、東南アジアでの日本語教師の給料が安く見えることがありますが、月10万円あれば日本で月25万円くらい持っている感覚になります。

例えば、タクシーなら初乗り100円程度ですし、電車は100円ほど、バスなら30円で移動することができたりします。

料理は美味しく観光は楽しく治安も良い?発展途上国だし治安や料理なども気になる…


東南アジアの中でも素晴らしい発展を現在も遂げているタイ。

タイをバックパッカーして思ったことは、料理が美味しく、日本と違った価値観でできている街並みに刺激をとても受けると思いますよ!

治安に関しても、他国に比べてタイはとても安心できます。半年ほどバックパッカーしていましたが、街を歩いていて何か盗まれることもなかったです。一つ言えるのは海外なので、カフェでパソコンの作業をしていて、トイレ行くときにそのままパソコン置いていくなどは盗難される可能性があるので注意!

荷物はしっかり自分の目に見える場所に置いておくこと、これを徹底すれば安心です。あとどうしても怖いなって思う方は夜などの外出を控えることです。タイならバンコクなどの首都を観光するなどすれば、日本と同じようなレベルで安心して生活できるように思いました。

料理はタイ料理が一番だ!とても美味しいよ!

タイと言えば、パッタイやガパオライスなどが有名です。何と言ってもタイ料理は日本では味わうことができない風味や味わいがあるので、食に関しても刺激を受けると思います。その割には物価が安く300円程度で一食食べれるので、日本よりは手軽に外食を楽しめます。

もう一つ伝えておきたいことがありまして、タイは家でご飯を食べるよりも外食する文化が強いので、外食が安く、頻繁に屋台が出ていて料理グルメ旅をするのもかなり楽しいですよ!

パッタイについては、タイ風焼きそばと日本では言われることが多いのですが、麺は米粉を使っていてモチモチ!ピーナッツを粉末にものを加えたり、日本の焼きそばとは違った味わいを楽しめるので、一度食べるとハマってしまいますよ!

バンコクで安全に食べられる場所はここだ!

↓バンコクにあるセントラルワールド

↓バンコクにあるサイアムパラゴン

↓チェンマイにあるワンニマンヘミン


東南アジアタイにも、日本で言えばイオンモールみたいな大きなショッピングセンターがあります。

もちろん、フードコートも設置されており、安くて安全で綺麗で美味しい!というよりどりみどりなんです。

初心者の方におすすめです!

治安は近年のグローバル化によって、かなり発展しており安全!

↑バンコク中心地に行くと驚くと思います。日本で言えばイオンモールよりも面白い「めちゃ楽しい」ショッピングセンターがたくさんありましたよ!

タイの首都バンコクと、日本人に好まれていたり、世界の電子ノマド旅行先として有名なチェンマイに行きました。

感じたのは、かなり発展を遂げていることです。

・物価が安い割に、富裕層向けのコンドミニアムなどが増えている

・想像以上にお洒落なお店が多く、ショッピングセンターもかなり綺麗で驚く

・首都バンコクの中心街は日本レベルの生活が可能、料理も美味しく多国籍の人と触れ合える

・チェンマイはバンコクの田舎版ですが、日本の温泉街のようなお洒落なお店も多く、地方に良くあるお洒落街というイメージ!

もちろんスターバックスもあるんですよ!それくらいに発展していて、初めての海外旅行先としてかなりオススメできます!安くて美味しくて楽しくてとてもオススメ!

日本語教師になれば東南アジアで働くことができるかも?

そんな魅了的な東南アジアですが、日本語教師のスキルがあれば現地で働くことだって可能です。

日本に比べて多国籍な人たちと交流できる環境ですし、色んな価値観を吸収できるので、かなり広い視野で物事を見れるようになり、知恵が広がりを見せます。

刺激的な街並みは、格差を象徴しています。富裕層もいれば貧困な人たちもいます。それくらいに格差があるからこそ、日本の昭和の街並みと現在の街並みを融合したように感じるでしょう。

そんな国だからこそ、日本では味わえない感覚を味わうことができて、自分の人生さえも考え直してしまう、人生の転換点となるものを与えてくれますよ!日本語教師として働き、自分の中の知恵さも広がりを見せて、まるで子供の頃のようなワクワクした日常に身を囲まれることでしょう!