【経験者が解説】私は日本語教師に向いてる?魅力は?子育てマザーにオススメ

 

日本語教師になる前に知っておきたいことは?

突然ですがこのような悩みありませんか?

・日本語教師を目指しているけど、知っておきたいことってあるの?

・日本語教師の魅力はどんなこと?

・日本語教師に私は向いているの?子育てマザーにオススメ?

はじめまして!現役の日本語教師のにたまごです!これから日本語教師になる方や、現役の日本語教師の方になればと思い、日々知見や経験を記事にしています!

今回は、私が日本語教師になる前に知っておきたかったことを解説します!

日本語教師に向いている人はどんな人なのか?

まずは、日本語教師の身から向いている人を挙げてみると!

・人に何かを教えることが好きな人

・コミュニケーションが好きな人、会話するのが好きな人

・日本の文化や歴史、習慣を感じて伝えられる人

・海外の文化や価値観を理解しようとできる人

日本語教師のほとんどは外国人との交流が考えられます。なので、日本の文化や歴史、習慣を繊細に感じ取っている方や、海外の文化や価値観に興味がある方はかなり向いていると言えますよ!

他にも、教える人となるからこそ、コミュニケーションも必要になってきますし、人に何かを教えることが好きな人にオススメと言えます!

普段会話がするのが大好き!って方や、日本では感じることができない文化を知ってみたい!という方にオススメ。

やはり、海外と日本は全く違います。雑談を簡単にするだけでも「ほんと!?」って話が意外と多く楽しいですよ。

日本語教師の魅力はどんなところにあるのか?

日本語教師の魅力を挙げてみると、

・主婦などに最適なライフスタイルに合わせて働くことができる1レッスンごとの報酬

・年齢関係なく始めることができるスキル

・何と言っても、世界のあらゆる国の人と交流できること!

日本語教師には常勤というフルタイムの働き方もありますが、一般的には1レッスンごとに報酬が与えられるイメージです。子育てとの両立や、副業として働くなんてことも可能なんです!

普通のアルバイトをするよりも、刺激的な交流「外国人との交流」が可能ですし、自分の可能性を広げたい!なんて方にもオススメ。

他にも、ほぼ年齢に関係なく仕事に就くことができること。シニア世代から挑戦する方も多いので、幅広い方が挑める仕事として魅了を感じますね。

日本語教師の魅力と言えば、他の仕事では味わうことができない世界の人と交流できることです。私も海外に何度か渡来したことがあるのですが、価値観が日本と全く違いますし、文化も違うのでかなり刺激的な毎日を送ることができました。異文化から学べることも多数あるので、何か新しいことを学べるチャンスでもあったりしますよ!

日本語教師は子育てマザーにオススメ?

子育てを行いながら働く場合は、ちょっとした隙間時間などの方が良いですよね!日本語教師の場合は1レッスンから報酬をもらうことができるので、保育園や学校に行っているうちに働くことが可能ですよ!

フルタイムはできないけど、隙間時間にお仕事をしたい!だけど、仕事でやりがいも感じたいし、日本語教師として働いてみたいと思っている方におすすめ。

他の仕事に比べて、日本で海外の方と交流できるので、日本にいながら多様性あふれる価値観を吸収できるかもしれません!

まとめ

今回は、日本語教師の私が、日本語教師に向いている人や日本語教師の魅力について解説しました!

現在はコロナで難しいかもしれませんが、コロナが明けた頃から海外でも働けるチャンスになる!日本語教師だからこそ、今の内に勉強をして仕事ができるような状態にしておくと良いでしょう!

↓下記に日本語教師について幅広く深ぼった記事がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【日本語教師の魅力】海外で働くことができるシゴト?東南アジア圏ASEANなどが人材不足でチャンス?

【日本語教師の未来】日本語教育検定試験を合格したい!これからの未来はどうなる?